混雑統計®

携帯電話利用者から許諾を得て取得したGPSによる位置情報を、
分析プログラムで総体的かつ統計的に加工を行った「人の流れデータ」。
人がどこから来て、どこへ行ったのかを把握することができます。

 

マーケティング分野の活用事例

自店舗の顧客実態を把握する為の来訪者の分析はもちろん、利用客へのアンケート調査等が困難な競合店の利用実態調査など、幅広い目的でご活用いただいています。

回遊調査

 

商圏分析

 

販促効果分析

 

立地評価

 

卸先の選定

 

 

主な分析メニュー

回遊調査

来店者が直前・直後に立ち寄った店舗や施設等を把握することで、商品ニーズを明確化

 

 

回遊調査

 

 

よくあるお悩み
商品ニーズを来店者へのアンケート調査等でしか把握出来ず、情報量および客観性が乏しく判断するまでの材料が揃ってない。

 

ご提案

 

  1. 同日立寄り地データ

併用されている競合店舗や、直前直後立寄り場所にニーズが明確な施設が特定ができ、レジ客数のUPや打ち出し商品の売り上げUPが期待できる。

 

 

商圏分析

自主調査では充分なデータ収集が難しい来訪者の属性データや競合店の併用状況を分析

 

 

来訪者の属性データ

来訪者の属性データ

 

来訪者の競合店利用データ

来訪者の競合店利用データ

 

 

よくあるお悩み
自店舗への来訪数や属性構成等は各テナントで収集しているPOS情報や会員カード情報等、競合店舗への併利用の有無はアンケート等でしか把握出来ておらず、情報量及び客観性が乏しい。

 

ご提案

 

  1. 来訪者の属性別、居住地別人数データ
  2. 周辺施設への併利用回数データ

自店舗だけでなく競合店舗への属性別/居住地別来訪者数や併利用の回数が把握できるため、競合店のベンチマークやプロモーションの検討等、施策検討の深堀に繋げることが期待できる。

 

 

販促効果分析

店舗周辺への流入実績がある人の居住エリアを分析し、チラシ配布効果を最大化

 

 

販促効果分析

 

 

よくあるお悩み
来店者がどこから来ているのか、アンケート調査等の自主調査情報しかなく、キャンペーン情報等をターゲットに対して訴求出来ておらず、思うように来店者数が伸びていない。

 

ご提案

 

  1. 特定エリア流入実績ユーザの居住地分析データ

店舗周辺への流入実績がある人の居住エリアを分析し、キャンペーン時のチラシ配布エリアと配布部数を見直しすことで、チラシ配布効果を最大化。来店数、日商売り上げの増加への貢献が期待できる

 

 

立地評価

エリア内の人流を極小の粒程度で可視化しより高精度の立地ポテンシャル分析が可能

 

 

商圏分析

 

 

よくあるお悩み
新規出店等の立地評価を行う際、実地調査や経験則が用いられることが多く、判断指標の客観性が乏しい。地域によって情報の偏りがあり、期待していた販売水準に達しないケースがあるため、データを活用した客観的な立地判断を行っていきたい。

 

ご提案

 

  1. 25mメッシュ別のでの人数集計データ

最小『25mメッシュ』の細かさで人数を集計することで、国勢調査やカウント調査等、従来型の調査ではアプローチ出来ない極小の粒度感で立地ポテンシャルを可視化。客観的な有望エリアの選定・評価指標となることが期待できる。

 

 

卸先の選定

ターゲット層が多く訪れる有望な地域を見つけ出し、自社商品の卸先候補となる店舗をリストアップ

 

 

卸先の選定

 

 

よくあるお悩み
全国から候補地を選定するにはアンケートや交通量調査ではコスト効率が悪い。また、既存の統計データでは情報が古く、移動者を対象するデータとしてはエリアの粒度が粗い。

 

ご提案

 

全国の1kmメッシュの中で、ターゲットの属性が多く訪れているTOP200のメッシュを抽出。その有望メッシュ内にある卸先(販売店)候補となる店舗をPOIデータを使って調査し、自社のターゲットに適した全国のアタックリストを作成することが可能。

 

 

導入事例


マーケティング分野
 
 
coming soon

 

 

CONTACT US

お問い合わせ

 

混雑統計®に関するお問い合わせこちらから

問い合わせする