カープローブデータを活用した分析用Webツールを提供

自治体コンサル業向け 交通分析ソリューション

\ 活用イメージがわかる /
\ ご相談はこちらから /

自治体向けにプローブデータを活用した交通分析業務を
行う際に、このようなお困りごとはありませんか?

要件定義・抽出
  • どのような条件でデータを抽出したらよいかわからない
  • 微細な仕様変更でも再抽出の費用が発生する
加工・分析
  • 分析しやすいデータへの加工に手間がかかる
  • 多数のデータの中から必要なデータのみに間引く必要がある
描画・レポート作成
  • GISツールへの取り込み用データを作成する負担がかかる
  • 地図画像を複製利用するための手続きが必要
『自治体コンサル業向け 交通分析ソリューション』が解決します

約370万台のカープローブデータを可視化、ダウンロードすることができるWebツールを提供します。
報告書へ掲載する画像作成の手間を軽減することや様々な条件のデータを確認することで、
より効果的なデータで分析を行うことが可能です。

交通分析ツールイメージ
(※1)Honda Total Care会員規約、および本田技研工業(株)のプライバシーポリシーに準拠してデータを匿名化および統計化して利用しており、豊富で正確なデータと地域や道路の偏りの少なさが特長のプローブ情報です。
(※2)(財)日本デジタル道路地図協会が定めるデジタル道路地図データベースの基本道路リンク(県道or幅員5.5m以上の道路)を基にデータを集計しています。

交通分析ソリューションでできること

Point1

条件を変更して何度でもデータ出力が可能!

対象期間や時間帯、道路の組み合わせ方法など様々な条件でデータを無制限にダウンロードできます。
条件が異なる複数のデータを比較し、より効果が分かりやすいデータを活用して分析することが可能です。
また、地図上で可視化できるため、どのような条件が良いか直感的に把握することができます。


Point2

集計済みデータのためデータ加工の手間が軽減!

決められた出力項目で集計されたデータのため、スムーズに分析を行うことが可能です。
※データの出力項目については、ダウンロード資料よりご確認ください。また、必要なデータのみダウンロードすることできるため、間引く作業が不要となります。

Point3

ツール画面をキャプチャしてそのまま活用できる!

任意の条件でデータを描画できるため、GISツールでの作業が不要で報告書用の画像を作成できます。
また、複製許諾付きのため、地図複製利用申請の手間がかからずにご活用いただけます。

交通分析ソリューションのご活用イメージ

平均速度データ

どの時間帯にどの道路が渋滞しやすいのか面的に道路特性を把握することが出来るため
渋滞対策交通安全対策にご活用いただくことが出来ます。

起終点データ

どこからどこへ移動したのか広域な動きを把握できるため観光需要対策にご活用いただくことが出来ます。

走行経路データ

通過前後でどの道路を経由してどのように移動したのか狭域な動きを把握できるため
通行円滑化検討にご活用いただくことが出来ます。

お問い合わせから利用開始までは簡単3ステップ

STEP1
お問い合わせ
STEP2
検証利用・導入のご検討
STEP3
お申し込み・ご利用開始

よくあるご質問

Q. 料金について教えてください。
A. データの対象エリア、期間、ツールの利用期間をお伺いした上で、お見積り致します。

Q. データの指定方法は?
A. エリアは二次メッシュ単位、期間は1か月単位となります。

Q. 指定可能なデータの期間は?
A. 2016年10月から直近約2か月前までのデータが指定可能です。
サービス詳細、導入についてお気軽にお問い合わせください。
\ 活用イメージがわかる /
\ ご相談はこちらから /