人流変化をGPS位置情報で高精度解析

混雑統計®

\ 導入効果がわかる /
\ ご相談はこちらから/
混雑統計®でできること
およそ700万台の携帯電話のGPSから数分間隔で得られる豊富な位置情報を独自のノウハウで高精度解析し、お客様のニーズに合わせた独自の人流統計データをオーダーメイドで作成します。
混雑統計®でできること

データ内容
属性データ
  • 性別
  • 年代
  • 居住地
  • 勤務地
×
行動データ
  • 日時
  • 出発地
  • 到着地
  • 宿泊地

  • 移動数
  • 滞在数
  • 移動経路
  • 交通手段
  • 立ち寄り場所
  • 滞在時間
  • 来訪頻度
上記のデータに加え、必要に応じ「お客様のデータ」や「サードパーティーデータ」を組み合わせることで、
様々なアウトプットを提供いたします。公共・民間問わず需要予測、要因分析等の幅広い業務でご活用いただけます。

混雑統計®は、NTTドコモ社が提供するアプリケーション※の利用者より、許諾を得た上で送信されるGPS位置情報を、NTTドコモが総体的かつ統計的に加工を行った『人の流れデータ』です。
※ドコモ地図ナビサービス(地図アプリ・ご当地ガイド)等の一部のアプリ。
> ドコモ地図ナビ統計情報に関する情報(外部リンク)

混雑統計®の3つの強み

GPSを利用した、高解像度な位置情報データ

バックグラウンドで数分単位に常時取得された連続性の高い移動軌跡データです。
また、毎日測位点をあげている高アクティブユーザーが9割を超えており、行動の歯抜けのない正確なGPS調査を実現致します。
位置情報データ

ゼンリン地図データと組み合わせた行動判定

ゼンリングループが保有する高精度・高鮮度な地図・ネットワークデータに位置情報の点列を紐づけ。GPSによる測位誤差を補正し、より正確な移動経路や利用施設判定を可能にします。
行動判定

蓄積されたノウハウを活かした精緻な解析技術

最長7年まで遡り自由な期間軸で調査設計が可能です。
また、100種類超の特許技術を活用し、多様な集計エンジンを実装、精度の高い推定ロジック・データ加工・補正等による精緻な解析を実現します。
精緻な解析技術

混雑統計®のご利用シーン

観光調査、交通分析、防災計画、マーケティング活動といった幅広い用途・業界でご採用頂いております。

マーケティング分野

出店・設置計画や人流をもとにした営業先リストの作成、自店舗や競合店の商圏分析等、新しいエリアマーケティング手法としてご活用頂いております。
マーケティング分野

交通分野

来訪者の交通手段や経路分析、エリア間のOD調査を行うことで、都市計画インフラの整備効果検証のためにご活用頂いております。
交通分野

観光分野

観光客の居住地や属性調査、帰宅までの全旅程における宿泊地や周遊分析、観光地全体の賑わいスポットの抽出など、観光地域づくり地方創生に必要な様々な観光調査にご活用頂いております。
観光分野

データの提供形式

tableau
tableauダッシュボード画面サンプルイメージ
データの可視化・分析をご自身で自由に行えるCSV形式に加え、ご要望に応じたBIツール(tableau)でのダッシュボード作成も承っております。

ご利用までの流れ

専任担当者が貴社の課題やご要望をもとに調査設計から集計・検証まで一気通貫で引き受けます。
まずはお気軽にお問い合わせください。
導入フロー1
導入フロー2

自主調査レポート

混雑統計データを活用して自主調査レポートを公開しています。

サービス詳細、導入についてお気軽にお問い合わせください。

\ 導入効果がわかる /
\ ご相談はこちらから/

よくあるご質問

Q. 「混雑統計®」を使って個人を特定することはできますか?

A. 集団の特性をあらわす人口統計情報であるため、お客様個人を特定することはできません。さらに、統計情報生成にあたっては、株式会社NTTドコモが非特定化処理・集計処理・秘匿処理を適切に実施しています。

・ドコモ地図ナビ統計情報に関する情報(外部リンク)

> https://dmapnavi.jp/stc/statistics/index.php


Q. 指定可能な期間の単位、データの更新頻度、保存期間は?
A.最小15分単位で指定可能です。データは毎月更新され、過去7年間まで遡ったデータを提供することが可能です。

Q. 指定可能なエリアの単位は?
A.エリアの単位は、都道府県/市区町村単位、推奨最小粒度125mメッシュ(25mメッシュでの提供実績もあり)、任意の形状で指定可能です。

サービス詳細、導入についてお気軽にお問い合わせください。

\ 導入効果がわかる /
\ ご相談はこちらから/