自動車制御システム開発への地図情報活用

いつもNAVI API/SDK × MATLAB®/Simulink®

\ 詳細・価格・体験利用はこちらから/
いつもNAVI API/SDK × MATLAB®/Simulink®連携

ゼンリンデータコムの提供する地図/道路情報配信サービスである「いつもNAVI API/SDK」の
制御分野での活用ソリューションです。「MATLAB
/Simulink」との連携を中心にご紹介します。

01 | MATLAB®/Simulink®連携の概要

いつもNAVI API/SDKMATLAB®/Simulink®と連携しており、ゼンリンの道路情報を簡単に取り込めます。
Automated Driving Toolbox TMから道路標高付きの道路データを取り出し、簡単にモデル化できます。
読み込んだ道路モデルは、MATLAB®/Simulink®上で各種シミュレーションに用いることが可能です。
また、MATLAB®/Simulink®からASAM OpenDRIVE®形式で出力することで、RoadRunnerや、その他ツールと連携することも可能です。
制御部分はMATLAB®/Simulink®、シミュレーション部分は3rd Partyツールを利用、という連携ができます。

いつもNAVI API/SDK は、JSON形式でデータを提供しており、MATLAB®/Simulink®上で、自由度高く処理や分析が可能になります。
例えば、走行ルートの道路標高を取得し、燃費 / 電費を算出する、といった使い方も可能です。

02 | 特長的な道路情報

いつもNAVI API/SDKはゼンリンが整備する豊富な道路 / 地図情報を、WEB APIにて提供します。
豊富な道路 / 地図情報は、道路モデル作成だけでなく、走行ログの分析など、様々な用途に利用できます。

シームレスな道路標高情報

※画像クリックで拡大
ゼンリンの地図データは、専用の計測車両を用いることで、主要な道路、橋、トンネルに対して、道路標高情報を取得しています
そのため、都市部のジャンクションやアンダーパスといった立体的な道路、川や海、都市間高速の橋梁、山間部のトンネルなど、に対して、シームレスな道路標高情報を提供可能です。

※地標高データではありません。

道路に関する豊富な付加情報

いつもNAVI API/SDKでは、道路情報を道路ネットワークデータ形式で配信します。抽象化された道路情報は非常に幅広く、また、分析しやすくなっております。以下に、代表的な、提供道路情報を示します。
※画像クリックで拡大
1.道路形状情報、道路(リンク)長さ
2.道路種別(高速道 / 国道 / 県道 / 一般道 / 細道路 等)
3.道路名称 / 車線数 / 幅員 / 上下線分離情報
4.一方通行 or 双方向通行 / 道路進行方向
5.一時停止線の位置情報
6.最高速度情報
7.事故多発地帯
8.高さ、幅、重量制限

03 | 豊富で幅広い情報群

いつもNAVI API/SDKは、例えば、施設関連の情報、交差点等の情報、バス停情報、天候情報など、多種多様で豊富な情報を提供しています。以下に、代表的な提供データを示します。
※本機能を利用する場合は、別途契約、調整が必要となります。

EV充電スポット検索

※画像クリックで拡大

いつもNAVI API/SDKのマルチコンテンツ検索機能には、ゼンリンが整備する、EV充電スタンド情報があります。
緯度経度情報だけでなく、充電方法、コネクタタイプ、料金情報、営業時間情報など、豊富な情報を取得することが可能です。


交差点検索

※画像クリックで拡大
いつもNAVI API/SDKの交差点検索機能では、交差点名称を持つ交差点情報を、緯度経度と範囲から抽出することができます。
交差点検索機能は、同時に信号の有無情報も提供しています。

04 | 活用を促進する付属機能

いつもNAVI API/SDKは、道路情報の提供だけでなく、様々なルート探索や走行ログからのマッチング機能など、様々な付属機能を提供しております。これらの機能により、シナリオ作成の効率化や、フィールドテスト時のログデータと道路のマッチングと分析など様々な検証が可能になります。

マップマッチング

※画像クリックで拡大
いつもNAVI API/SDKのマップマッチング機能は、入力した緯度経度点列から、トポロジカルにマッチした道路を返却します。
トポロジーによるマッチングのため、入力点列に数mの誤差があってもマッチングが可能です。
また、一般道と高速道路を判別したマッチングなども可能です。
例えば、フィールドテストのログデータをマッチングすることにより、イベントが発生した道路を特定し、分析をすることが容易に実施可能です。

ルート検索

※画像クリックで拡大
ルート検索機能では、出発地点、到着地点の座標から走行ルートを探索します。
走行ルートの緯度経度、所要時間、道路リンクID等、様々なルートに関する情報を取得できます。
例えば、POI検索機能で施設を検索し、それを経由地点として、複数の走行ルートを一気に抽出し、シミュレーション上でのテスト走行コースとする、そんな活用法が可能です。

住所ポリゴン検索

※画像クリックで拡大
住所ポリゴン検索機能では、指定した緯度経度の所属する住所ポリゴンを取得できます。
住所ポリゴンは、都道府県レベルから街区レベルまで選択が可能です。
例えば、超低排出ゾーンの設定地域によるCO2排出削減効果の検討、制御のふるまい検討など、様々な用途に利用可能です。

POI検索

※画像クリックで拡大

POI検索機能では、フリーワードジャンル緯度経度を指定することで、対象となる施設情報を検索することができます。

例えば、EV充電スポット情報を用いることで、バッテリーの状態に応じて周辺の充電スポットを検索することで、給電を考慮した走行距離や、自動走行アルゴリズムの検討が可能となります。

※オプション項目

05 | ウェビナー

いつもNAVI API /SDK(MATLAB / Simurinkとの連携)に関する事例や、講演情報についてご紹介します。
※講演資料の送付を希望される方は、お問い合わせよりご連絡ください。

<ゼンリンGr × MATLAB> 自動運転・ロボティクス開発
最新トレンド

ウェビナーイメージ
"仮想環境"、"アルゴリズム開発"、"コード生成・実装"の3つの観点から最新の機能・ソリューションをご紹介いたします。
自動運転や自律システム、ロボティクスの開発についてご興味をお持ちの方であれば、MATLABのご利用経験を問わず、ぜひご覧ください。


【ウェビナー】ゼンリン道路情報 × MATLAB®/Simulink®
~ 実道路情報のシミュレーション/MBDへの活用 ~

ウェビナーイメージ
1.ゼンリンのソリューションといつもNAVI API3.0で提供する
  地図データの紹介


講師:株式会社ゼンリン 事業統括本部 オートモーティブ事業本部
   車載ソリューション営業二部 営業二課
   係長 杉本 謙 様

ウェビナーイメージ
2.地図・道路情報の活用に関するMathWorksの取り組み

講師:The MathWorks GK アプリケーションエンジニアリング部
   自律システム・ロボティクス担当
   シニアチームリーダー・プリンシパルアプリケーションエンジニア
   大塚 慶太郎 様

ウェビナーイメージ
3.いつもNAVI API3.0を活用した電気自動車の電力消費推定
  モデル


講師:大阪大学大学院工学研究科 モビリティシステム共同研究講座        
   特任講師 芳澤 信哉 先生

ウェビナーイメージ
4.使ってみよう!いつもNAVI API3.0の特長と利用までの流れ  
  (株式会社ゼンリンデータコム)


講師:株式会社ゼンリンデータコム
   IoT事業本部 IoT第三事業部
   三橋 慎司

06 | 関連サービス

いつもNAVI API/SDKイメージ

いつもNAVI API/SDK

いつもNAVI APIは、WebサイトやWebアプリケーション、スマートフォンアプリに、地図コンテンツや検索機能、位置情報に関連する機能を実装するための開発ツールです。

07 | 導入事例

【株式会社J-QuAD DYNAMICS 様】
「いつもNAVI API」の道路標高データを活用した車両走行シミュレーション

サービス詳細、導入についてお気軽にお問い合わせください。

MATLAB/Simulink連携におけるいつもNAVI API/SDKの利用は、独特のポイントがございます。
ぜひ、一度お話を伺わせていただき、最適な方法を提案させてください。
お打ち合せにて、最適な評価法や注意点についてお話しさせて頂いたうえで、体験利用の方法についてお伝えさせていただきます。

\ 詳細・価格・体験利用はこちらから/