Google Maps APIがエラーで表示されない場合(2018年6月11日以降)

2018年5月2日(日本時間5月3日)に発表された「Google Maps Platform」により、地図表示のルールが大きく変更されました。

2018年6月11日(PST)以降、みなさまがご利用されているGoogle Mapsが突然表示されなくなるかもしれません

地図が表示されない要因としては、主に以下の2点が考えられます。

  1. ① APIキーを利用していない場合

    2018年6月11日(PST)以降、APIキーを設定していないアクセスについては地図が表示されなくなります。その他のAPI機能もご利用できなくなりますので、詳しくはGoogle Maps Platform APIキーの取得・発行についてをご覧ください。

  2. ② 無償枠200ドルを超えた場合

    2018年7月16日(PST)以降、新プランである「Google Maps Platform」が適用されます。月間で200ドルを超えた場合、代理店のコードもしくはクレジットカードの登録がなければ、超過した段階で地図が表示されなくなります。当然その他のAPI機能もご利用できなくなります。

    月間200ドルは各API機能を利用した場合の合算となります。詳しくはGoogle Maps Platformの料金をご覧ください。また、代理店のコードをご希望される場合は、お問い合わせください。

ゼンリンデータコムはGoogle Maps APIの国内最大の代理店です。安心してGoogle Maps APIをご利用頂ける方法をご提案致します。ご不明点などございましたら、担当営業までお問い合わせください。

CONTACT US

お問い合わせ

Google Maps Platformに関するお問い合わせはこちらから