Googleマップがエラー表示になる場合

Google Maps Platformのご利用には、APIキーの正しい設定とお支払い方法の登録が必須です。

 

 

Google Maps Platformのご利用には、APIキーの正しい設定とお支払い方法の登録が必須です。

下記の設定が正しくできてない場合、APIで実装したGoogleマップがエラー表示になります。
 

① APIキーの設定

APIキー未設定のアクセスについてはAPIで実装したGoogleマップが表示されなくなります。

その他のAPI機能もご利用できなくなりますので、詳しくはGoogle Maps Platform APIキーの取得・発行についてをご覧ください。

 

② お支払い設定が未完了の状態で無償枠200ドルを超えた場合

月間のご利用が200ドルを超えた場合、代理店のビリングアカウントもしくはクレジットカードの登録がなければ、超過した段階で地図が表示されなくなります。当然その他のAPI機能もご利用できなくなります。

 

月間200ドルは各API機能を利用した場合の合算となります。詳しくはGoogle Maps Platformの料金をご覧ください。また、代理店のコードをご希望される場合は、お問い合わせください。

 

ゼンリンデータコムはGoogle Maps Platformの国内最大の代理店です。安心してGoogle Maps Platformをご利用頂ける方法をご提案致します。ご不明点などございましたら、担当営業までお問い合わせください。

 

 

Google公式パートナー

※当社はGoogle公式パートナーです

 

 

 

CONTACT US

お問い合わせ

 

Google Maps Platformに関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせをする