Google Maps Platform APIキーの取得・発行について

Google Maps Platformの利用に必要な、アカウント作成〜APIの有効化〜Google Maps Platform APIキーの取得・発行〜APIキーの指定についてご紹介します。

Googleアカウントとプロジェクトの作成

Google APIコンソールにてAPIキーを作成する場合、Googleアカウントにて作成を行います。
Googleアカウントをお持ちでない場合はGoogleアカウントの作成を行う必要がございます。

  1. ステップ1 、「APIとサービス」メニュー

    下記のページを参考にGoogeアカウントの作成を行ってください。
    https://support.google.com/accounts/answer/27441?hl=ja

  2. ステップ2 APIとサービスの有効化

    下記のページなどから、Googleアカウントでログインを行ってください。
    https://www.google.co.jp

  3. ステップ3 利用したいAPIを選択

    下記のページに接続し、「プロジェクトの選択」をクリックしてください。
    https://console.cloud.google.com/?hl=ja

  4. ステップ4 ダッシュボードを確認

    プロジェクト選択画面の「新しいプロジェクト」をクリックしてください。

  5. ステップ5 ダッシュボードを確認

    プロジェクト名を入力して「作成」ボタンをクリックしてください。

APIの有効化

「Googleアカウント作成とプロジェクト作成」作業が完了していることを前提とします。
また、下記のGoogle APIコンソールに接続していることを前提とします。
https://console.cloud.google.com/?hl=ja

  1. ステップ1 、「APIとサービス」メニュー

    作成したプロジェクトが選択されていることを確認し、「APIとサービス」メニューをクリックする。

  2. ステップ2 APIとサービスの有効化

    「APIとサービスの有効化」リンクをクリックする。

  3. ステップ3 利用したいAPIを選択 有効にする

    利用したいAPIを選択して、「有効にする」ボタンをクリックする。

  4. ステップ4 ダッシュボードを確認

    ダッシュボードに有効化したAPIが表示されていることを確認する。他に利用したいAPIがある場合は「ステップ2」と「ステップ3」の手順を繰り返す。

APIキーの作成

  1. ステップ1 認証情報を作成メニュー

    「認証情報」リンクをクリックして、「認証情報を作成」メニューから「APIキー」を選択します。

  2. ステップ2 セキュリティの強化のためキーを制限

    この時点でAPIキーは作成がされますが、セキュリティの強化のため「キーを制限」設定を行ってください。

  3. ステップ3 キーの制限を設定

    キーを利用するAPIに適したキーの制限を行います。
    キーの制限を行わずにAPIキーを利用した場合、外部にキー情報が洩れると悪意のあるユーザに利用されてしまう恐れがあるのでご注意下さい。
    下記から適切な制限を選択して設定を保存して下さい。

    • HTTPリファラー(ウェブサイト)
      HTTP リファラーによる制限
    • IPアドレス(ウェブサーバー、crronジョブなど)
      IP アドレスによる制限
    • Androidアプリ
      パッケージ名およびフィンガープリントによる制限
    • iOSアプリ
      iOS バンドル識別子による制限

APIキーの指定

作成したAPIキーを各APIに指定します。

例:Javascript API
<script async defer src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY&callback=initMap" type="text/javascript"></script>
例:Geocoding API
https://maps.googleapis.com/maps/api/geocode/json?address=1600+Amphitheatre+Parkway,+Mountain+View,+CA&key=YOUR_API_KEY

APIキーの設定確認

APIキーの設定確認はGoogle Chrome(ブラウザ)を使用して行います。

  1. ステップ1 Chromeの拡張機能に追加

    Google Chromeの拡張機能であるGoogle Maps Platform API Checkerの画面を開き、右上の青い「CHROMEに追加」ボタンをクリックします。
    (上記のリンクをクリックすると追加する画面が開きます)

  2. ステップ2 拡張機能に追加完了

    ボタンが緑色の「CHROMEに追加済み」に変わっていれば追加完了です。

  3. ステップ3 ピンの色を確認

    Google Chromeで確認したいページを開き、画面右上のピンの色を確認してください。ピンの色によってAPI Keyの設定状況が異なります。

    • 緑のピン
      API Keyが登録・設定されています
    • 赤のピン
      API Keyの設定が行われていない可能性がございます
    • グレーのピン
      Google Maps APIsが利用されていません

CONTACT US

お問い合わせ

Google Maps Platformに関するお問い合わせはこちらから