いつもNAVI API / SDK

いつもNAVI API/SDKは詳細なゼンリン地図を基盤にした地図APIサービスとなり、
多彩な地図・位置情報サービスを実装するための開発ツールです。
最小限のコストで最大限に地図・位置情報サービスをご活用いただくことができます。

 

 

 

 

【お知らせ】新サービスサイトをオープンしました
  いつもNAVI API/SDK サービスサイトへ

いつもNAVI API/SDKとは

いつもNAVI APIは、WebサイトやWebアプリケーション、スマートフォンアプリに、地図コンテンツや検索機能、位置情報に関連する機能を実装するための開発ツールです。

JavaScript API、JavaScript + OpenGLを活用した3D地図(JavaScript API 3D)、Webサーバ間通信(HTTP)によるWebAPI、スマートフォンアプリ向けのMobile SDKを取り揃えており、お客様のアプリケーションやサービスによって最適なAPIをご利用いただけます。

 

 

いつもNAVI API/SDKの特長

Web API
地図画像やPOI情報など、地図に付随するデータを提供するためのインターフェースです。サーバ側で命令を処理するため、多量のデータ処理に最適です。
JavaScript API
地図表示や検索、ルート探索機能をWebページに組み込むためのインターフェースです。主にクライアント(Webブラウザ)側で処理を行います。
JavaScript API(3D)
Webブラウザで3次元の建物を表現できるベクタ地図を組み込むためのインターフェースです。回転や鳥瞰といった地図の表現が出来ます。
JavaScriptとOpenGLを結び付けた技術 = WebGLを採用しています。
Mobile SDK
ベクタ地図をAndroid/iOSアプリケーションに簡単に組み込むことができる地図ライブラリです。回転や鳥瞰といった地図の表現が出来ます。

高精度、且つ高鮮度なゼンリン地図

ゼンリン社が整備する高精度で高鮮度な地図データやルート情報等を、お客様の用途に沿ってご利用いただくことが可能です。

充実したAPI機能と各種情報量

2D地図表示機能や住所などの情報検索機能に加え、ゲーム開発に役立つ3D地図描画機能(WebGL)など、弊社ならではの機能をご提供いたします。

PC、スマートフォン、フィーチャーフォン、デジタルサイネージなど、あらゆるデバイスで地図や検索機能など各種機能をご利用いただけます。

 

 

PC
SP
 
 
あらゆるデバイスに対応

 

 

いつもNAVI APIの機能について

いつもNAVI APIには主に「地図関連機能」「住所関連機能」「ルート関連機能」「天気関連機能」の4種類があり、2D地図、3D地図、多言語地図など様々な地図表現や、住所・施設・天気など様々なコンテンツ検索、歩行者・車ルート、電車・バス乗換えルートの探索ができます。

 

 

いつもNAVI API の用途

目的地を探すときに

住所や施設名だけでなく、地図を見ながら目的地を探すことができます。

また、ルート検索や任意地点の天気情報など、位置情報に関連するお役立ち情報も提供しています。

目的地を探すときに

施設を探すときに

施設を探すときに

 

国内最大手の地図情報会社「ゼンリン」が収集した、全国約66万件の施設情報を検索できます。

地図の描画機能と組み合わせることで、視覚的に探しやすいサイトを開発することもできます。


 

 

 

 

ゲーム開発のときに

3D地図の描画機能(WebGL)により、全国どこでも立体的なフィールドを描画できます。

地図は回転や傾斜にも対応しており、目的に合わせ利用しやすい仕様です。

ゲーム開発のときに

いつもNAVI API/SDKの活用案

いつもNAVI API/SDKは様々な業界、業種で利用されています。
以下にて、各種業界ごとの活用案をご覧いただけます。

 

マニュアルサイト

いつもNAVI APIの仕様などを公開しております。ご導入前にぜひご確認ください。

https://support.e-map.ne.jp/manuals/v3/

 

 

 

CONTACT US

お問い合わせ

 

いつもNAVI APIのお申込み、お問い合わせこちら

問い合わせする