ZENRIN DataCom

ニュースリリース

位置情報センサーとIoTを活用した「スマートキッズカート」実証実験に「屋内動態管理ソリューション」を提供

2017.08.24

株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水 辰彦 以下ゼンリンデータコム)は、ネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 昌史 以下ネオス)が実施するタブレットと位置情報センサーを搭載した「スマートキッズカート」の実証実験に「屋内動態管理ソリューション」を提供いたしました。本実証実験は、三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛において本年8月15日(火)より開始し、8月27日(日)まで実施されます。
ネオスは、ショッピングモール等の商業施設での利用を想定し、お子様用のショッピングカートに、タブレットと位置情報センサーを実装した「スマートキッズカート」の開発を行っております。今回、このスマートキッズカートのプロトタイプを用いて実証実験を行い、将来的にはお子様連れのお客様に、お子様を連れながら快適にショッピングに集中していただける「お買い物スムース化」を実現することによる顧客満足度の向上と、位置情報センサーを通じて取得した顧客動線分析データのマーケティング活用や、施設内を回遊するデジタルサイネージとしての活用などのIoT事業への展開を目指しています。
本実証実験では、実際にお子様連れのお客様にご利用いただき、その利用動向や傾向、ニーズを定性的・定量的に調査いたします。キッズカートには、お子様に人気のキャラクター「クレヨンしんちゃん」と「beポンキッキーズ」を起用したコンテンツを搭載いたします。お子様にとって退屈な時間とも言えるお買い物を、従来のキッズカートでは体験できなかった飽きることなく楽しみながら、かつ知育的な効果も得られる環境を提供することで、お買い物を「楽しいひととき」とし、ひいては親御さまにもスムースかつ快適に買い物に集中していただける「お買い物スムース化」を実現することを目指します。

報道発表資料[235.3 KB]PDFファイルを開きます