ZENRIN DataCom

ニュースリリース

テキストマイニングサービス「見える化エンジン」が、地図サービス「いつもNAVI API」と連係~地図上で分析・活用可能なオプションサービスの提供を開始~

2017.07.20

株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区港南、代表取締役社長:清水辰彦、以下、ゼンリンデータコム)と、株式会社プラスアルファ・コンサルティング(所在地:東京都港区浜松町、代表取締役社長:三室克哉、以下、プラスアルファ)は、プラスアルファが提供するテキストマイニングサービス「見える化エンジン」と、ゼンリンデータコムが提供する地図サービス「いつもNAVI API」を連係し、地図上で分析・活用可能なオプションサービスの提供を開始します。

「見える化エンジン」はアンケート調査の結果やコールセンターに寄せられるお客様の声、SNSにおける消費者・生活者の声などの大量のテキスト情報を、テキストマイニング技術を用いて分析・見える化し、企業の商品開発や改善、サービスの向上、リスクモニタリングなどに活かすサービスです。

一方、ゼンリンデータコムが提供する「いつも NAVI API」は、詳細なゼンリン地図を基盤にして、Webアプリケーション等に地図コンテンツや検索機能、位置情報に関連する機能を実装するための開発ツールです。

今回「見える化エンジン」と「いつも NAVI API」が連係することにより、「見える化エンジン」でテキスト情報から抽出された話題や感情(ポジティブ/ネガティブなど)について、「いつも NAVI API」で発信者の居住地や、話題の対象である店舗・施設等の場所を見える化することで、お客様や消費者・生活の声の広がりや地域特性を俯瞰・分析できるようになります。これにより企業では、地域特性にあった商品・サービスの開発や顧客対応、店舗開発の戦略立案などに活かすことができます。

ゼンリンデータコムとプラスアルファは本サービスにより、企業の商品・サービス開発や顧客サービスの高度化を支援します。

報道発表資料[748.0 KB]PDFファイルを開きます