通勤混雑を避けるには、時差出勤は何時がベスト?

 

           ―位置情報ビッグデータを使って調べてみました―

 

朝の通勤電車の混雑は、誰でも良い思いはしないもの。普段から嫌になっている方も多いのではないでしょうか。そんな中、東京オリンピックの開催や企業の働き方改革が注目され、時差出勤を推奨する企業も増えてきています。では、「一体、何時頃の通勤がベストなの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

そこで、ゼンリンデータコムでは、携帯GPSの位置情報ビッグデータ・混雑統計®で時間帯の電車移動者数について分析してみました。あくまで推定のデータではありますが、一考の材料になると幸いです。

※当分析では、首都圏の混雑統計®データから2019年10月の平日のデータを使用しております。また、GPSの測位誤差などによって実際の傾向と異なる可能性があります。電車の路線を含む100m四方のメッシュ単位で集計されたデータを用いており、個人を特定できるような情報は含まれておりません。

※この記事に基づいて意志決定された際に発生する一切の事象について、株式会社ゼンリンデータコムは責任を負いません。

全体の傾向

通勤時間帯のピーク時の値を100%として、それに対する比率を時間別にグラフ化しました。ピークは8時頃で、9時頃には落ち着きはじめ、10時頃には通勤ラッシュの波がほぼ落ち着くようです。7時台、8時台はそれほど差がないため、時差出勤の場合は、思い切って時間を大きくずらすのがよいかもしれません。6時以前か10時以降であれば通勤ラッシュを避けて電車に乗っていくことができると予測されます。

 

zentai

路線別の傾向

路線ごとの傾向についても、具体例を挙げてみます。もし皆さんがお使いの路線があったら是非、チェックしてみてください。(重ねてになりますが、当分析の結果は実際の乗車人数ではなく混雑統計®による推定値となりますので、あくまで参考程度に考えていただけると幸いです。)

JR山手線

 

JR京浜東北線

 

JR東海道線

 

JR埼京線

 

JR中央線

 

JR総武線

 

JR横須賀線

 

JR南武線

 

JR武蔵野線

 

JR京葉線

 

JR常磐線

 

JR横浜線

 

東京メトロ丸ノ内線

 

東京メトロ銀座線

 

東京メトロ千代田線

 

東京メトロ東西線

 

東京メトロ半蔵門線

 

東京メトロ南北線

 

東京メトロ日比谷線

 

東京メトロ副都心線

 

東京メトロ有楽町線

 

都営新宿線

 

都営三田線

 

都営大江戸線

 

都営浅草線

 

東急田園都市線

 

東急大井町線

 

東急多摩川線

 

東急池上線

 

東急東横線

 

東急目黒線

 

京王線

 

京王井の頭線

 

小田急小田原線

 

京急本線

 

京急空港線

 

東京モノレール羽田線

 

新交通ゆりかもめ

 

りんかい線

 

日暮里・舎人線

 

つくばエクスプレス

 

京成本線

 

京成押上線

 

西武池袋線

 

西武新宿線

 

東武東上線

 

元となる位置情報データ 混雑統計®について

 

「混雑統計®」データは、NTTドコモが提供するアプリケーション(※)の利用者より、
許諾を得た上で送信される携帯電話の位置情報を、NTTドコモが総体的かつ統計的に加工を行ったデータ。

位置情報は最短5分毎に測位されるGPSデータ(緯度経度情報)であり、個人を特定する情報は含まれない。
※ドコモ地図ナビサービス(地図アプリ・ご当地ガイド)等の一部のアプリ

 

 

転載・引用について

 

 本ページ掲載内容の著作権は、株式会社ゼンリンデータコムが保有します。
 本ページの内容や図を利用する際には、「株式会社ゼンリンデータコム」の記載をお願いします。

 また、各図のクレジット(「混雑統計®©ZENRIN DataCom CO., LTD.)は削除・改変せずそのまま掲載を
 お願いします。

 

CONTACT US

お問い合わせ

 

混雑統計に関するお問い合わせはこちらから

問い合わせする