ZENRIN DataCom

ニュースリリース

「いつもNAVI 動態管理サービス」が神戸市交通局のバスロケーションシステムに採用されました

2017.04.14

株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区港南、代表取締役社長:清水辰彦)の、「いつもNAVI 動態管理サービス」が神戸市交通局のバスロケーションシステムに採用されました。
2017年4月1日より神戸市交通局が提供を開始したバスロケーションシステムは、利用者がバス停名や系統をスマートフォンやタブレット・パソコンから指定すると、運行するバスの動態を分析し、目的のバスが現在どこにいるのか、あと何分でバスが来るのか、何分後に目的地に到着するのかなど、市バスの運行・接近情報が確認できるシステムです。

■「いつもNAVI 動態管理サービス」とは
スマートフォン・タブレットの位置情報(GPS)を活用し、車両の運行管理や配送スケジュール、調査・作業などの移動を伴う業務の効率アップを目的としたクラウド型ソリューションです。 スマートフォン、タブレット、PCで車両や営業スタッフの動態情報をリアルタイムに地図上で管理および確認するのはもちろん、ルート検索、ナビゲーション機能、ステータス表示(移動中・業務中・休憩中など)、メッセージ送受信、運行実績(動態実績)、日報出力などのトータルな動態管理システムでお客様の業務をサポートいたします。
http://www.zenrin-datacom.net/business/tracking/index.html

報道発表資料[222.0 KB]PDFファイルを開きます