ZENRIN DataCom

ニュースリリース

ゼンリンの地図ステーショナリー“mati mati(マチマチ)”販売開始に伴い、無料地図アプリ「恋するマップ」内で『ステーショナリーに関する意識調査』を実施

2016.03.14

株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区港南、代表取締役社長:清水 辰彦 以下、ゼンリンデータコム)と、株式会社ゼンリン(所在地:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山 善司 以下、ゼンリン)は、ゼンリンの地図ステーショナリー「mati mati(マチマチ)」販売開始に伴い、無料地図アプリ「恋するマップ」内で『ステーショナリーに関する意識調査』を実施しました。

■主な調査結果
トピック1 -ホワイトデーのお返し、義理は「スイーツ」、本命は「アクセサリー」が1位
トピック2 -送別会でもらって嬉しかったもの 定番の花束、色紙・手紙に続いて「ステーショナリー」が3位に!
トピック3 - 地図柄グッズ所有者の約半数は「ステーショナリー」ということが判明!

報道発表資料[983.6 KB]PDFファイルを開きます