ZENRIN DataCom

ニュースリリース

位置情報を活用したバスロケーションシステム「いつもNAVI 動態管理サービスfor 送迎バス 」がバージョンアップ!

2015.06.25

株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区港南、代表取締役社長:清水 辰彦)は、移動を伴う様々な業種・業務の効率化を目的としたクラウド型サービス「いつもNAVI 動態管理サービス」を利用した、クラウド型バスロケーションシステム「いつもNAVI 動態管理サービス for 送迎バス (通称:くるんとバス)」を2015年6月25日(木)にバージョンアップいたしました。

本システムは導入した施設側が、バスに搭載したスマートフォンのGPS による位置情報を基に運行情報を把握し、あらかじめ登録してあるユーザーへバスの到着案内メールを配信。さらに施設側の管理者PC からは送迎バスのルート作成なども可能なクラウド型サービスです。専用機器の準備が不要で、PC とスマートフォンをご用意いただくだけで、高額なコストもかからず、すぐに導入が可能です。幼稚園や保育園、各種スクール、デイサービスやコミュニティバスなど向けのサービスで、保護者などの利用者の利便性向上と、運営施設側の効率化をサポートします。

今回のバージョンアップで、当社の多言語地図を活用した英語地図を表示。さらに利用者サイトの表示を英語対応にし、インターナショナルスクールなど英語を使用する施設でご活用いただくことが可能となりました。その他、中国語(繁体/簡体)、韓国語など、別途有償で多言語表記可能です。

報道発表資料[527.9 KB]PDFファイルを開きます