ZENRIN DataCom

ニュースリリース

安全、安心で快適なドライブを支援する情報配信実験を実施2014年12月17日(水)から阪神高速道路で開始

2014.12.17

株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山善司 以下ゼンリン)と株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水辰彦 以下ゼンリンデータコム)は、国土交通省国土技術政策総合研究所、株式会社ナビタイムジャパン(以下ナビタイム)、一般財団法人日本デジタル道路地図協会、阪神高速道路株式会社、本田技研工業株式会社(50音順)とともに、2014年12月17日(水)から2015年3月2日(月)まで、阪神高速道路にて「安全、安心で快適なドライブを支援する情報配信実験(プロジェクト名:Project Z NAVI de HANSHIN!)」を実施します。本実験を通じ、ドライバーに向けた阪神高速道路に関する情報配信の効果、「道路の区間ID方式(※)」の利用による情報流通の効果を検証します。また、本実験にご協力いただける参加者(実験モニター)を随時募集します。

報道発表資料[1.5 MB]PDFファイルを開きます

別添資料[853.2 KB]PDFファイルを開きます