混雑統計®

携帯電話利用者から許諾を得て取得したGPSによる位置情報を、
分析プログラムで総体的かつ統計的に加工を行った「人の流れデータ」。
人がどこから来て、どこへ行ったのかを把握することができます。

 

 

ご利用シーン

混雑統計®は、観光や防災計画、
交通・街づくり、企業のマーケティング活動など
幅広い用途に採用されています。

 

 

 

通行量調査・交通量調査

通行量調査・交通量調査

 

 

よくある悩み

 

  • 通行量調査や交通量調査などの実測には人手がかかり調査負荷が高い
  • 時間帯や曜日など調査対象日の網羅性が低く、長期間な調査も実施しにくい
  • 総通過量以外の情報を調査しにくい

 

よくある悩み

 

活用メリット・効果

 

混雑統計®は、すでに蓄積された位置情報ビッグデータです。そのため、任意な時間軸で調査することができ、時間的な制約や人件費を気にすることなく調査することが可能です。
また、総通過量だけでなく、通過速度(交通手段)や通過者の居住地、通過頻度なども合わせて調査することが可能です。

 

 

立ち寄り地データ

立ち寄り地データ

ある道路の通過者について、その前後の立ち寄り箇所を集計することで、道路利用者の目的地の把握することが可能です。

 

利用駅 × 居住地データ

利用駅 × 居住地データ

鉄道駅利用者のみを抽出し、また利用者の居住地と組み合わせることで、その駅の勢力圏を把握することが可能です。(ケータイ駅力レポート

 

お客様・参考事例

 

・立ち寄り地データ:「ビッグデータを用いて高速道路の開通によるストック効果を分析しました!
・「ケータイ駅力レポート」サンプルレポート(無料)についてのお問い合わせはこちら

 

 

 

 

立地調査・出店計画

立地調査・出店計画

 

 

よくある悩み

 

  • 国勢調査などの統計データだと情報が古く、立地調査における判断材料にしにくい
  • 自社店舗のターゲットに合わせた立地ポテンシャルをはかる指標がない
  • 実地調査に割ける人手が足りず、限られたエリアしか調査を行えていない

 

よくある悩み

 

活用メリット・効果

 

混雑統計®は、リアルタイム性の高い動的な行動データを蓄積・解析しているため、環境の変化が激しい立地でも実態に即した調査が可能です。また、夜間人口や昼間人口だけでなく、日常的に来ている人が多い場所なのか、滞在時間が長い人が多い場所なのか等の行動条件別に立地を調査することも可能です。

 

 

訪問頻度 × 滞在者データ

訪問頻度 × 滞在者データ

前年比や月次、時間帯別及び訪問頻度を捉えることで、よりターゲットを絞った出店立地の診断やポテンシャルの高い効果の候補地のあぶり出しができます。

 

速度 × 通過者データ

速度 × 通過者データ

速度別の道路通過者を居住地別に把握することでロードサイドへの出店計画において、より集客力の高い道路を選定することができます。(ケータイ道力レポート

 

お客様・参考事例

 

混雑度マップ
・「ケータイ道力レポート」サンプルレポート(無料)についてのお問い合わせはこちら

 

 

 

商圏調査・販促効果検証

商圏調査・販促効果検証

 

 

よくある悩み

 

  • 競合オープンによる自店舗への影響がわからず対策を打てていない
  • イベントやプロモーション、屋外/交通広告の効果を検証できていない
  • 自店舗間で顧客の奪い合いになっていて商圏設定の最適化をはかりたい

 

よくある悩み

 

活用メリット・効果

 

混雑統計®は、今まで調査が難しかった競合店舗や屋外のエリアなどでも自店舗と同水準で比較調査ができます。また、CSVデータでの提供に加え、レポート形式での提供も行っています。

 

 

日別 × 時間帯の滞在者数データ

日別 × 時間帯の滞在者数データ

滞在者数の日別推移や時間帯による変化を捉えることで、イベント開催中における集客効果や、競合オープン後による集客数の影響などを把握・検証することが可能です。(ケータイ街力レポート

 

居住地 × 滞在者数データ

居住地 × 滞在者数データ

特定店舗・エリアの滞在者がどこから来ているのか(居住地構成)を捉えることで、競合店舗との商圏比較や、自店舗間の商圏の最適化のための判断材料にして頂けます。(ケータイ街力レポート

 

お客様・参考事例

 

・「ケータイ街力レポート」サンプルレポート(無料)についてのお問い合わせはこちら

 

 

 

観光分析への活用

観光分析への活用

 

 

よくある悩み

 

  • 観光スポットでの観光客へのアンケート調査は、人手がかかるうえ、記入内容に個人の主観や記憶違いが含まれるため、情報の信頼性に問題がある
  • 複数のスポットをまたがった観光客の立寄り・周遊状況は調査しにくい

 

よくある悩み

 

活用メリット・効果

 

混雑統計®の位置情報は機械的に取得されたデータであるため、客観的な事実に基づいて調査することが可能です。 また、観光入込数だけでなく、観光客の居住地や来訪交通手段、宿泊地・宿泊数、来訪頻度、滞在時間、他スポットへの立寄り・周遊傾向なども合わせて調査することが可能です。

 

 

立ち寄り地 × 交通手段データ

立ち寄り地 × 交通手段データ

交通手段別の観光行動を把握することができるため、観光インフラなどの整備施策にご活用頂けます。

 

周遊データ

周遊データ

観光客の周遊傾向を把握することで、地域間の連携の施策やゴールデンルートの策定にご活用頂けます。

 

お客様・参考事例

 

・立ち寄り地×交通手段データ:「群馬県パーソントリップ調査
・周遊データ:「能越自動車道七尾氷見道路の整備効果分析

 

 

 

 

CONTACT US

お問い合わせ

 

混雑統計®に関するお問い合わせこちらから

問い合わせする