ZENRIN DataCom

Google Maps APIがエラーで表示されない場合は...

Google Maps API 無償版のポリシー変更により2016年10月12日より地図が表示されない場合があります

みなさまがご利用されているGoogle Mapsが突然表示されなくなるかもしれません。
2016年6月22日(米国時間)にGoogle Maps API無償版について大幅な規約変更が実施されました。

Google社公式ブログ

既に規約が変更となり、無償版APIをご利用のユーザー様によっては影響がでているとの報告もあります。
地図が表示されない要因としては、主に以下2点が考えられます。

1.APIの使用が25,000回/日を超えた場合、以後エラーとなり地図が表示されない。

これまでも無償版の利用規約に25,000回/日の上限値はありましたが、エラーとなるのは連続90日間超過の場合に限られておりました。
今回のポリシー変更では、一度でも上限値を超えると即座にエラーとなり、その日は地図が表示されなくなります。
それぞれのAPIの上限値は以下のとおりです。

  API 上限値
1 JavaScript API 25,000マップロード/日
2 Static Maps API 25,000マップロード/日
3 Street View Image API 25,000マップロード/日
4 Geocoding API 2,500 リクエスト/日
5 Dstance Matrix API 2,500要素/日
6 Roads API 2,500 リクエスト/日
7 Elevation API 2,500 リクエスト/日
8 Time Zone API 2,500 リクエスト/日
9 Geolocation API 2,500 リクエスト/日

Webサイトのコーディング次第ではすぐに上限値に達してしまい、地図が表示されない、または検索機能が使えない状態になるかもしれません。

2.Google Maps APIが古いバージョンの場合、エラーとなり地図が表示されない。

Google MapsのAPIには幾つかのバージョンが存在しており、2016年9月現在のメジャーバージョンはバージョン「3」です。
バージョンを指定するにはJavaScriptのコードを読み込むときに「v」パラメータを使って指定しています。

                                            
<script type="text/javascript" src="http://maps.googleapis.com/maps/api/js?v=xxx&key=(APIキー)&sensor=false">
</script>
                                            
                                        
  • ※パラメータを指定していない場合は、その時点でのメジャーバージョンが自動的に適応されます。

今回のポリシー変更にて問題となってくるのは古いバージョン(v=2など)をコードの中に指定している場合です。
その場合、10月12日以降リクエストの回数に関わらず、全てエラーとなってしまいます。

Google Maps APIについてよくある質問

Google Maps APIについての相談はゼンリンデータコムへ

ゼンリンデータコムはGoogle Maps APIの国内最大の代理店です。
今回のポリシー変更に伴い、Google Maps API無償版をご利用のお客様に対して、安心してGoogle Maps APIをご利用頂ける方法をご提案致します。
上限値が分からない・有料プランに切り替えたいなど、お気軽にご相談ください。

関連サービス