ZENRIN DataCom

ゼンリンデータコムの動態管理サービスとは?その内容や活用事例を紹介します

ゼンリンデータコムの動態管理サービスは、ビジネスの分野で活用が期待できる位置情報を利用したサービスです。ここでは動態管理サービスの内容を紹介するとともに、動態管理サービスを活用した「文化-SAI」の内容、事例などについてご紹介します。

ゼンリンデータコムの動態管理サービスとは?

動態管理サービス https://www.zenrin-datacom.net/business/tracking/

ゼンリンデータコムが提供している「いつもNAVI 動態管理サービス」は、スマートフォン・タブレットの位置情報(GPS)を利用して、車両が走行した距離やルートなどを管理できるサービスです。

移動を伴うさまざまな業種に対して、リアルタイムでの位置管理による業務の効率アップを目的としています。

スマートフォン・タブレット・PCで、車両や営業スタッフの動態情報を管理画面からリアルタイムで確認できるほか、ルート検索やナビゲーション機能、ステータス情報(移動中・業務中・休憩中)などを確認することができます。
また、メッセージの送受信や運行実績(動態実績)、日報出力などの必要な機能も兼ね備えたシステムで業務をサポートします。

スマートフォンやタブレットに専用のアプリを入れるだけで、動態管理サービスを誰でも簡単に利用できます。

管理者はインターネットに接続できる環境があれば、どんな場所からでもPCの管理画面にアクセスして、業務を行うことが可能です。
また、動態管理サービスはユーザーの利用目的や環境、予算に合わせて”ナビ版”と”簡易版”の2種類から選択できます。
動態管理が初めてでも、スマートフォンやタブレットの特性を活かした直感的な操作で、簡単に操作できる設計になっています。

これにより管理者はリアルタイムで車両や営業スタッフの位置情報やステータスの詳細の把握ができるほか、業務情報として訪問先の一覧を表示したり、訪問先を地図上にマッピングしたりすることも可能です。
また、訪問エリアの割り付けや配送状況、日報や運行情報の出力などの業務を統合して行うことができます。

端末利用者は地図上から、近い位置にある訪問先の効率の良いルートの選択や、スマートフォンやタブレットからリアルタイムにステータスの変更や日報などの報告が可能です。
いつもNAVI 動態管理サービスは、ニーズの高い詳細なゼンリン地図を標準搭載しています。
長年培ってきたゼンリンデータコムの地図やナビゲーションのノウハウを提供し、動態管理サービスを行う上で必要な、地図上での位置の確認やルート表示、ステータス表示、メッセージ送受信などをリアルタイムで使用することができます。

文化-SAIとは?

文化-SAI

文化-SAI https://www.bunka-sai.jp/index.html別ウィンドウで開く

文化-SAIとは、ゼンリンが提供する日本の食や伝統芸能・祭りなどの日本各地の地域文化を紹介するサービスです。

各地域で行われる催事やスポーツ、観光情報などの詳細や動態管理サービスを活用したプラットフォームを提供することで日本文化の魅力やイベント情報を発信しています。

また、動画配信やTwitterのつぶやきなどを地図に紐付け、イベントの実況中継を行うことができるため、現地に行かなくても熱気や状況をリアルタイムに伝えることができる新しい取り組みも進めています。

文化-SAIとは

文化-SAIとは https://www.bunka-sai.jp/about.html 別ウィンドウで開く

文化-SAIソリューションでは神輿や山車などが今いる位置を地図上で確認することができる「神輿位置の動態管理」、今、実施している祭りやイベントの様子を動画で配信する「リアルタイム動画配信」、祭りやイベントの日時や場所、主催者のコメントやクーポン情報などを配信する「イベント情報発信」などがあります。

また、イベントレポートや位置情報などと組み合わせた「イベント評価レポート」を提供しています。

文化-SAIの事例

ここでは、動態管理サービスを使用した文化-SAIの事例について紹介します。

文化-SAIでは、2017年に行われた神田祭の様子を、神輿や山車のリアルタイム情報を位置情報の配信やYouTubeを利用したライブ配信で伝えています。
地図によるリアルタイムでの位置情報や動画の実況などにより、祭りの新しい楽しみ方を提供しています。

動態管理サービスを利用すれば、使用された神輿・山車を一覧から選択し、移動ルートを確認することができます。

文化-SAI 神田祭情報

文化-SAI 神田祭情報 https://www.bunka-sai.jp/event/kandamatsuri2017/map.html 別ウィンドウで開く

また、Twitterのつぶやきを活用した実況中継や、ハッシュタグを活用して地図上にマッピングされたデータから位置ごとにTwitterのつぶやきを確認することもできます。

神田祭での実況中継 https://www.bunka-sai.jp/event/kandamatsuri2017/map.html#fes-content-twitter 別ウィンドウで開く

文化-SAIのホームページからは祭りやイベント情報、観光情報の詳細、主催者からのメッセージを確認することができます。

まとめ

ここではゼンリンデータコムが提供する動態管理サービスの内容や動態管理サービスを活用したゼンリンの文化-SAIの事例について解説しました。

動態管理サービスを活用すれば、位置情報(GPS)でビジネスの分野での活用が期待できるほか、紹介した文化-SAIのような祭りやイベント情報をリアルタイムで配信したり、子どもやお年寄りの見守りをしたりなど、今後さまざまな分野での活用が期待できます。

関連の法人向けサービス