ZENRIN DataCom

お知らせ

「熊本・大分の避難場所」の多言語版情報(英語)を追加

2016.05.20

株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区港南、代表取締役社長:清水 辰彦)は、
当社が所有する「全国避難所データベース※」を基に無料地図サービス「いつもNAVI web」に掲載中の「熊本・大分の避難場所」に、
多言語情報(英語)を追加いたしました。

■「いつもNAVI web」
http://www.its-mo.com/saigai-info/20160420/

※「全国避難所データベース」の概要
https://www.zenrin-datacom.net/business/lifeline/index.html
・情報件数:約12万件の避難所情報
・特徴:
①「正確性」住所による緯度・経度情報の取得に加え、地図情報作成で培われた細かな補正を独自に行っているため、現在入手できる他の避難所情報よりも正確
②「更新性」年に複数回、独自調査による情報更新を行うため、常に鮮度の高い情報提供が可能
③「網羅性」名称や自治体、定員、利用条件、国土地理院基盤情報の標高(承認番号 平26情複、第628号)や座標など、災害時に避難所情報として求められる次の12項目の情報を網羅
・公開項目:12項目
名称、ふりがな、自治体コード、住所(都道府県名、市区町村名、地番)、電話番号、利用
条件(洪水・風水、地震、津波など)、避難所種別(広域避難所、津波避難ビルなど)、定員、
困難者区分(地域住民向け・帰宅困難者向けなど)、座標(緯度・経度)、国土地理院基盤情
報の標高(承認番号 平26情複、第628号)、その他(特記事項など)