ZENRIN DataCom

ニュースリリース

タイ国バンコク市で行う準天頂衛星システム「みちびき」を活用した、車線単位の高精度ルートガイダンスシステムの実証事業に参加いたします。

2018.01.30

株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区港南、代表取締役社長:清水辰彦)は、豊田通商株式会社がタイ国バンコク市で行う準天頂衛星システム(QZSS)*1「みちびき」と衛星信号補正データ生成システム「MADOCA」*2を活用した、車線単位の高精度ルートガイダンスシステムの実証事業に参加いたします。本実証事業は日本貿易振興機構(JETRO)の「日ASEAN新産業創出事業」第二回公募の採択案件であり、実証実験は2018年3月に実施予定です。
■本実証実験概要
タイ国バンコク市内を走るタクシープローブカーに、準天頂衛星「みちびき」(QZSS)からの信号とMADOCAの補正データを受信可能な「QZSS対応高精度多周波マルチGNSS*3受信機」を搭載して行います。従来のGPS単独測位に加えて、QZSSやMADOCAなどを活用して収集するセンチメートル級の位置情報などのプローブ情報を基に、車線単位の高精度交通渋滞情報の生成、高精度ルートガイダンスを配信するための各システムなどの技術評価を行い、最適なルートの提供を目指します。
実証事業期間は、2017年12月~2018年4月、現地実証実験期は2018年3月(予定)となります。
■当社の役割
交通規制や渋滞など状況に応じたルート探索機能や、レーンごとに色分けされた高精度な交通渋滞情報の表示と音声ガイダンスを行うナビソフトの提供。

報道発表資料[266.0 KB]PDFファイルを開きます