ZENRIN DataCom

ニュースリリース

ゼンリンが東日本大震災被災地の地図情報を大幅更新

2013.05.22

株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山 善司、以下「ゼンリン」)は、全国の地図情報の定期整備に加え、被災地32市町村を対象に、震災によって変化した海岸線や河川形状、通行が不可能になった道路や新設された道路などの地図情報を新たに整備しました。

また、株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水 辰彦、以下「ゼンリンデータコム」)は、ゼンリンが新たに整備した地図情報をゼンリンデータコムがスマートフォン・携帯電話向けに提供している、地図・ナビゲーションサービス「いつもNAVI」※1(NTTドコモ向けは、NTTドコモがスマートフォン・携帯電話向けに提供している「ドコモ地図ナビ powered by いつもNAVI」)、地図・ルート検索サイト「いつもNAVI」に2013年5月22日(水)から反映しました。

今回の反映は、東日本大震災発生以来、ゼンリンが進めている被災地の地図情報整備の一環です。

※1:非通信版のスマートフォン向け「いつもNAVI[ドライブ]」を除く。

報道発表資料[355.6 KB]PDFファイルを開きます