ZENRIN DataCom

ニュースリリース

「混雑統計®」データを、博報堂グループが開発したプログラム「HAKMAP™」に提供!

2012.06.07

株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区東新橋、代表取締役社長:清水 辰彦)はこの度、当社が独自に開発したプログラム「混雑統計」データを、株式会社博報堂と株式会社博報堂プロダクツが提供するオリジナル商圏分析プログラム『HAKMAP™』(Hakuhodo Area Knowledge Marketing Analysis Program、ハクマップ)に提供しました。

「混雑統計」は、利用者から許諾を得て取得した位置情報を、ゼンリンデータコムが開発した独自の分析プログラムで「マーケティング・データ」として活用できるように統計処理したデータです。

また、『HAKMAP™』は、多様化する商圏特性を個々の店舗・施設ごとに把握し、その特性に応じて最適なマーケティング施策を展開する商圏分析プログラムです。博報堂グループ独自で開発した高精度の商圏分析モデルにより、商圏内居住者の人口特性やライフスタイル特性に加え、カテゴリー単位で消費・購買特性を細かく把握でき、それらのデータを町丁目単位まで落とし込んで詳細に解析することが可能です。『HAKMAP™』内で、当社の「混雑統計」データを活用し、来店頻度や滞在時間の変化、導線別アプローチの結果など、投下した施策の効果測定を行います。

報道発表資料[531.1 KB]PDFファイルを開きます