ZENRIN DataCom

Googleマップが急に表示できなくなったときの原因と対処法

地図が急に表示されなくなってしまった…そんなことが起こりうる変更がGoogleマップで行われました。知らずに使っていると、突然地図が表示されなくなり、焦ることになるかも。今回はGoogleマップの重大なポリシー変更についてご紹介します。

地図が表示されなくなったらマップロードの上限と「APIキー」を確認

原因としては大きく2つあり、新規ドメインでの地図表示には「APIキー」の必須になったことと、マップロード上限数の大幅ダウンがあります。
「APIキー」とは、Google Maps APIを使用するための鍵のようなもので、取得したAPIキーをWebサイトのHTMLファイルにあるスクリプトタグ内に記述することでGoogleマップを表示することが可能となります。

APIキーの記述例

<script src="//maps.googleapis.com/maps/api/js?key={APIキー}"></script>
				

APIキーの記述がないものは、エラー画面が表示されます。

また、2016年6月22日に発表されたGoogle Maps APIの無償版のポリシー変更により、「JavaScript API」「Static Maps API」「Street View Image API」に関しては無償マップロードの上限が100万件から2万5000件へと大幅ダウンになりました。上限を超えると地図が表示されなくなります。

地図が表示されない場合の対処法を以下で説明していきます。

地図を表示するには?

まずはWebサイトのソースコード上に「APIキー」入れ、標準プランで課金を“有効”にするためにクレジットカードを登録しましょう。マップロード上限を超えた時点から課金(マップロード1,000回/$0.50USD)がはじまり、最大10万回/$50USDまで利用ができます。

一日あたりのマップロードが10万回を超える場合は、プレミアムプランへの契約が必要になりますのでページ下記の「お問い合わせ」よりご連絡いただけると地図表示までのプロセスをサポートをさせて頂きます。

各APIの標準プランとプレミアムプランの一覧

画像出典:Google

地図の開発となるとマップロードの回数も多くなりますので、プレミアムプランでのご利用をおすすめ致します。

地図が表示されなくても慌てずに対処!

Googleマップが表示されなくなった場合の原因と対処法を説明しました。地図が表示されないだけでWebサイトそのものの信頼性が損なわれたりもしますので、自社で使用している地図がしっかりと表示されているか確認してみてくださいね。

また、詳しいAPIキーの取得方法については「Googleマップを使ってみよう!【APIキー取得からサンプルコードまで】」でご紹介しておりますので、ぜひご参照ください。

関連の法人向けサービス